NEWS&EVENT

🍅農業体験 in アリスの庭🍅

本日は生憎の雨ではありましたが
アリスの庭スタッフ数名での農業体験へ
行って来ました!!

今回、快く農業体験を
受け入れてくれたのは
📍北海道夕張郡栗山町
『栗山 かなまる農園』の皆様!

ココで、
栗山かなまる農園さんについて
少しご紹介致します⬇︎⬇︎⬇︎
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【野菜が健康に育つ環境づくりを目指して】

栗山かなまる農園では
野菜が健康に育つ環境をつくり
美味しく安心して食べられる野菜を
皆さんにお届けすることを目指しています。

その実現のために
最もこだわっているものは
「自家製モミガラ堆肥」と
「自家製ボカシ肥料」です。

豊かで広大な北海道の自然と
独自の生産技術によって
野菜を健康に育てています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

代表の金丸 公雄 さんは

『お客様に「美味しい」と言って頂きたい。
その一心で安全で安心してもらえる
美味しい野菜を育てております。

そして、美味しさを追求する事とは、
健康に生育させる事につきると
考えております。
自然界の成り立ちを自然に受け入れ
それに順応できる体をつくり
私たちはほんの少しそのお手伝いを
してあげる。
そんな考えで野菜と接しております。

雪深い北海道の地であっても
一年中「土」を感じつつ
野菜は生き物だという事を心に刻み続け
お客様にいつも「美味しい」と言って頂ける
野菜をお届け出来る様、日々努力して参ります』

今回は、そんな金丸さんと共に
微力ながらもお手伝いをさせて頂きました🌱

農業体験を朝から体験した
アリスの庭のスタッフより
こんなコメントを頂いております📝

《アリスの庭スタッフ リカちゃん》

最初に代表である金丸公雄さんから、
私たちアリスの庭のコンセプトでもある
有機栽培(オーガニック)について
お話を聞くことができました。
私はそれまでオーガニックとは
無農薬で栽培しているもの。体にいいもの。
そういうイメージを持っていました。
これに対して金丸さんが話してくれた
オーガニックとは
「自然にできたものであるか、
それとも化学の力を借りてできたものであるか」ということでした。
化学の力を借りることは
私たちの都合上である。
私たち人間が多くのトマトを生産したり
どの時期にでも収穫できるようにしたり
雑草を取る手間を減らすため
化学の力を借りようとする。
でもオーガニック栽培では
そうした手間を惜しまず
自然の状態に近づけて栽培している。
だからこそ見た目も味も栄養分も
最高質のものができあがる。
今回はトマトハウスの雑草取りを
体験させていただきました。
長時間屈んだ状態での作業は
足や腰が痛く辛い作業でした。
こうした農家さんたちの
苦労を体験することで
よりいっそう今日学んだことを
多くのお客様にお伝えして
オーガニックに興味を持ってくれる人が
増えてくれたらいいなと思いました。

《アリスの庭スタッフ ネネちゃん》

金丸さんのお話を聞いて
改めて有機栽培はとても大変なことであり
素晴らしいことだなと思いました。
農薬を使ってしまえば
コストも有機よりはかからないですし
儲けも出るのになぜ有機にこだわるのか。
農薬、化学肥料など使ってしまうと
作物に害のない微生物まで殺してしまったり
作物が病気になってしまい
それを人間が食べることによって
健康体ではなくなったり
アレルギーなどの問題も起こってしまう。
こうした問題を無くすためにも
オーガニックの良さが沢山の人に伝わって
消費者が増え、
今は有機栽培の農家さんが少ないので
どんどん有機栽培の農家さんが
増えてもらえたらいいなと思いました。
実際、農業体験してみて
ほんの2時間程度でも足腰が痛くて
これを毎日やってるのは
とてもすごいなと思いました。
金丸さんがおっしゃってた我慢や根性
どれだけの労力を使って有機栽培を
行なっているのかが少しですけど
体験できました。
農家さんの方々は
直接お客様にお話しする機会は
なかなかないので
私たちが農家さんの声
をお客様に伝えていけたらいいなと思いました。金丸さんが一流のところに自分の野菜を
置くのが死ぬまでの夢。
とおっしゃっていたのが
とてもかっこいいなと思いました。
今日の農業体験で
直接、農家さんのお話を聞けて
体験でき、とても自分にとって
いい経験になりました。

🗣普段、直接農家の方々と接する機会が
少ないスタッフにとって、とても良い経験に
なったようです😋🌽

そんな、ひとつひとつの作物に
作り手でもある農家さんの魂と愛情の
込もった野菜を使って調理する
アリスの庭の美味しいお料理を味わいに
是非、皆様足を運んでみませんか?🌱🌾🌞

今回はいつもより長めの投稿となりましたが
最後まで読んで頂きありがとうございます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。